ベビ待ちの夫婦に飲んで欲しい人気の葉酸サプリをご紹介します

妊婦さんの健康と胎児の発達に深いかかわりを持つ葉酸

葉酸は妊娠期や授乳期の女性には特に大切な栄養素です。

 

妊娠可能な年齢の女性に対して、妊娠1か月以上前から0.4mgの葉酸を摂取することが2002年から厚生労働省でも推奨されているようになり、だんだんその重要性が認識されてきました。

 

胎児の先天性異常は多くの場合妊娠初期、なかでも妊娠10週目までの胎児に発生することが分かっており、そのリスクの低減に葉酸が役立つのです。

 

ヨーロッパでは妊娠1か月から3か月までの妊婦さんを対象に研究したところ、葉酸が先天性異常の一つである神経管閉鎖障害の発症リスクを下げることが明らかとなっています。

 

その為この時期の葉酸を摂取する需要な時期として厚生労働省が定めたのです。

 

葉酸はビタミンB群の一種で、遺伝物質のDNAやRNAの合成に深いかかわりがあります。

 

そしてタンパク質の合成に不可欠な必須アミノ酸の合成にも欠かすことが出来ない成分で、この時期に葉酸が不足してしまうと神経や脳の形成の際の健全な発生が阻害され、神経管閉塞障害のリスクが高まると考えられているのです。

 

通常の食事から毎日の必要量を摂取することは大変に難しく、サプリメントを利用することで効率よく葉酸を摂取していきましょう。

 

 

葉酸サプリランキング

葉酸サプリを妊婦の姪にプレゼントした理由

 

まだ、10代の姪っ子が結婚して、妊娠しましたので、妊婦さんの体に良いものをプレゼントしたいと思い、色々調べた結果、葉酸サプリが体にとても良いということで、元気な赤ちゃんを出産してもらう為にも、この商品をプレゼントすることにしました。

 

もちろん、現在通っている産婦人科の先生にもこのサプリメントを飲んで副作用などないかどうか聞いてから、購入しました。

 

葉酸サプリを飲んで、防止される良い点は、3つほど有り、@先天性奇形による流産A科学流産Bけい留流産です。

 

先天性流産の予防に葉酸サプリを飲むとは、妊娠1ヶ月〜3ヶ月の最も重要な時期に胎児の脳や脊髄の成長を助けて、ダウン症などを防止する効果があるそうです。

 

厚生労働省でも妊娠中の葉酸の摂取を推奨していますので、積極的にとった方が良いと思いました。

 

化学流産は、着床が不安定で、その後定着せずに排出されてしまいますが、この流産に関しても、葉酸の効果により、子宮内膜を強化して流産を防止する事ができるそうです。

 

また、けい留流産の特徴である、胎児の未発達が原因で、子宮内で亡くなる事を予防するのに葉酸を摂取して子宮の血流アップを計り、胎児の成長をサポート出来ます。

 

このように葉酸サプリは、妊婦さんにも安全で、胎児を守ってくれるサプリです。

 

 

 

 

 

市販の葉酸サプリは効果があるのか

 

市販されている葉酸サプリもどんどん増えていますが、こうした商品を利用しても大丈夫なのかは気になる所です。

 

通販で購入するタイプが一番いいのではないかと思いますが、市販されている物を利用して問題はありません。

 

大切なのは栄養素がしっかり入っていることと、葉酸の過剰摂取にならないことです。

 

葉酸サプリは過剰摂取の問題もあるため、余り沢山飲まないようにしてください。

 

市販されている物は、葉酸の量はしっかりと入っています。

 

しかし葉酸サプリの人気商品と比べ、栄養分が足りていないという問題もあるのです。

 

従って飲み続けることによって、栄養が補えるということはなく、野菜をしっかり食べなければなりません。

 

この野菜を食べるという行為が、葉酸を過剰摂取に持っていく可能性があるため、通販で打っている人気商品を買うべきなのです。

 

市販されている葉酸サプリは、葉酸の調節も難しいので、利用するのは困難です。

 

しかし通販で購入することが怖い方や、葉酸だけをとりあえず補いたいということであれば、市販されている物を利用しても大丈夫です。

 

栄養素の取り過ぎに気をつけることは勿論ですが、あまり無理して飲まないようにして、足りない時だけ利用することを考えてください。